アライグマの被害

大阪市のネズミ駆除の修理隊

生息数が急激に増加

害獣や害鳥を駆除

アライグマの生息拡大が止まらない

アライグマの生息拡大が止まらない理由は複数あります。以下にいくつかの主な要因を挙げてみます。

適応力の高さ
アライグマは非常に適応力が高い動物であり、多様な環境に適応することができます。人間の活動による環境の変化にも比較的容易に対応できるため、生息拡大が進みやすいです。
食性の多様性
アライグマは雑食性であり、果物、野菜、小型哺乳類、魚、昆虫など様々なものを食べることができます。食物の種類が豊富なため、生息できる場所が広がります。
人間との共生
アライグマは都市部や農村地域にも適応しており、人間の近くで生息していることがあります。廃棄物や餌が利用できることで、都市部での生息拡大が進んでいます。
持ち込み種としての影響
アライグマは本来北アメリカの固有種であり、他の地域に持ち込まれた侵略的な外来種としての影響もあります。持ち込まれた地域で競合相手が少なく、生息拡大が進むことがあります。
生態系の変化
アライグマの生息拡大は地域の生態系にも影響を与えることがあります。他の動物との競合や捕食行動によって、現地の生態系に変化が生じる可能性があります。

アライグマの生息拡大に対しては、地域の野生動物管理機関や専門家による監視と対策が必要です。人間との共存を図りながら、生態系のバランスを保つために適切な管理が重要です。また、侵略的な外来種としての影響も考慮して、予防や対策を行う必要があります。

建物に営巣してしまったら

建物に野生動物が営巣してしまった場合は、早急に適切な対処を行う必要があります。建物内で野生動物が営巣することは、建物に被害をもたらすだけでなく、動物自身にも危険をもたらすことがあります。以下は対処方法の一般的なガイドラインです。

安全を確保する
野生動物が営巣した場所に近づかないようにし、家族やペットの安全を最優先に考えましょう。特に母親と幼獣がいる場合は注意が必要です。
専門家に相談する
建物内での野生動物の営巣は、素人が自分で取り除くことが危険を伴う場合があります。野生動物管理の専門家や動物駆除業者に相談し、適切な対応を依頼することが重要です。
動物の安全な移送
野生動物を安全に捕獲して別の場所に移送することが適切な場合があります。ただし、地域の法律や規制に従って移送を行う必要があります。
巣の撤去と予防策の設置
営巣場所をきれいに撤去し、野生動物が再び営巣しないように予防策を設置します。例えば、屋根裏や壁の隙間を修理したり、ワイヤーネットや柵を設置したりすることが考えられます。
廃棄物の処理
野生動物が残した汚物や巣を適切に処理し、衛生状態を保つことが重要です。

重要なのは、野生動物を適切に扱い、法律や倫理を遵守して対処することです。自分で取り扱う際には危険を伴うことがあるため、専門家のアドバイスや支援を求めることをお勧めします。


施工の流れについて


受付電話番号
copyright©2019 修理隊 all right reserved.